緑染めワークショップの報告です

だいぶ時間が経ってしまいましたが、先月の7月23日(土)に伝統色のワークショップ「葛の緑染め」を開催しました。

この緑染め、3年前にも一度イベントでやっているので、今回で2回目。言わずと知れた、故山崎青樹さんが考案された新しい草木染めの手法です。

前回のときは不勉強もあって作業の理論的意味とか緑染めのメカニズムがよくわからなかったんだけど、今回は少し勉強した甲斐あって葉緑素が染まりつく意味がやったとわかりまして、その理論のご紹介と一緒に参加いただいたみなさんときれいな緑染めを体験しました。

前日に番頭が鴨川沿いで刈ってきてくれた葛の葉を皆で細かくちぎります。

で、細かくちぎった葉をアルカリの水で煮込みます。

煮込んでは濾して煮汁を取ります。で、1回目と2回目の煮汁は使わず捨てるのがミソ。3回目の煮汁からストックしていって6回目の煮汁まで濾して染液とします(すみません、画像撮り忘れ)。

なにせ6回も煮出すので時間があまります。その間に緑染めの理論や緑染めの主役である葉緑素のお話しを少々。

これ、葉緑素の分子構造式ですな。字が汚すぎてわからんが。

完成した見事に緑色な染液にクエン酸を入れて中和したのち、あらかじめ先媒染しておいたシルクのストールなんかをその染液に入れて、火にかけて染めはじめます。

80℃くらいまで温度あげて染めたら、今度は中媒染。

緑染めの媒染は銅です。酢酸銅を水に溶かして、その中にうっすら緑に染まったストールを入れてかき混ぜていると、みるみるきれいな緑色になっていきます。

媒染の後水洗いをすると…

ほら、こんなきれいな色に!

そして、もう一回染液に戻して火にかけて染めて

出来上がりです!

ここまでざっと5時間ほど。
予定よりも1時間ほどオーバーしたけど、おかげでとってもきれいな、ほかの植物ではまず一発では染めだせない緑色に染まりあがりました。

これ、葛でなくても緑の葉でなら何でもできるんですよ。だって、植物が持ってる葉緑素って、植物の種が違えどほとんど同じ分子構造だから。なんか3種類か4種類ほどあるみたいだけど、性質はどれもよく似ているみたいだし。

でも植物によって葉緑素を持ってる量とかが違うので、染まりやすい染まりにくいはありますが。
当の山崎青樹さんもさんざいろんな植物で緑染めしてはります。

時間見つけてまたいろいろ試してみようと思いました。

お店にもこの緑染めの絹ストール置いてますよ。
またよければぜひ見にいらしてくださいませ。

次は9月に藍の生葉染めワークショップをやろうかなと思います。
また詳しくはサイトで募集します。

こうご期待!!

手染メ屋http://www.tezomeya.com/

コメントを残す