天然染料の染色によるモノ作りの一例

——————–
この文章は消費科学学会誌に掲載頂いた寄稿論文です。
——————–

1.はじめに
★フクザツで優しい色を生地にのせる
★草木染めを普段着に!
この二つは,当工房がモノ作りをしていく上で,いつも念頭に掲げている指針である.天然染料で染め上がった複雑な中間色を,時には自宅の部屋着に,時にはお出かけの街着に,特別ではない普段着のアイテムとして身近に楽しんでいただく.
当工房は2002年の開業以来,京都御苑の南に位置する小さな染め場とショップを運営しながら,ホームページでの情報発信を主体にして,天然染料のみを使用した染色工房として営業を続けている.今回は光栄にも本誌への寄稿という誉れの機を得,僭越ながら当工房がどのように天然染料での染色による個人事業を続けているかを報告させて頂く.
なお,本文では紙面の都合上染色の技術的側面の解説は最小限に収め,天然染料の染色手法をどのように商売とつなげているのかという面を主に述べる.また,筆者は研究者ではなくあくまで技術者兼商売人であるため,本文が通例の論文の体裁を整えていない旨,なにとぞご容赦頂きご笑覧頂ければ幸いである.

2.業務の種類
当工房の業務は,大きく分けて以下の3つである.

2-1 天然染料による衣料製造小売業
オーガニックコットン素材を主に使用しオリジナルで製作した衣類を,当工房で染め上げ仕上げて完成品とし,インターネットによる通販・店頭での対面販売・専門店や百貨店やアパレルメーカーへの卸販売といった販売ルートで衣類販売を行っている.使用している生地はほぼ全てオリジナルのニットもしくは布帛を依頼製作してもらっている.ニットは和歌山のニッターから,布帛は西脇の機屋から直接生機(きばた)で仕入れている.また,縫製は京都,滋賀の工場で依頼縫製し,完全オリジナル衣類作成をしている.

2-2 染色サービス業
経年変化により色落ちした,もしくはシミが附いたりして着られなくなった,もしくは好みが変わってしまい現状の色が気に入らなくなったお客様所有の衣類をお預かりし,天然染料で上から染色することでチューンナップ・リメイクをする染色サービスである.
使用する染料及び使用量は筆者で10種類ほど準備し,そのバリエーションから選んで頂く手法を取っているが,依頼の衣類は元々色が付いていることが多い事,そして素材によって発色が違う事により,その仕上がり色は唯一無二のものとなる.実際にはシミや汚れが隠れやすい色,素材との相性で縮みにくい(と言っても形態変化は必ず起こるが)手法の取れる染料など,お客様とその都度相談して染め作業方針を決めている.

2-3 体験・技術指導業
天然染料の染色を体験して頂くための体験教室を工房内や出張によって開催している.申込により随時行う内容、イベントとして定期的に開催しているもの,依頼されて赴く出張体験などがある.また,本業務の一環として2008年より京都造形芸術大学での非常勤講師を兼任している.

3.染料と素材
3-1 なぜ天然染料なのか
当工房が天然染料を使用する最大の理由は,植物染料が筆者の好みなくすんだ色やパステル調のいわゆる中間色を染め出し易いから,である.
化学染料,特に綿麻素材を現在最も堅牢に染める反応染料は一般的に分子量が小さくビビッドな色目を簡易に染め上げる.一方,天然染料は生物個体内に染料色素となりえる様々な物質が複数含まれているため,減法混色の原理によりどうしても暗く彩度の落ちる発色となることが多い.そして,この草木で染め上がった彩度の低い色彩の中に,筆者の好みである「フクザツで優しい色」になるものが少なからず存在する.
もちろん反応染料でも色料の調合でくすんだ色目は製作可能である.ただ(前職のアパレル企業勤務での経験上の知識でしかないが),大規模染工場のように大きな染色ロットで作業をするところでも,くすんだ色目を出すための黒色素の調合は極めて微量のため染めロットによって色ブレが起き易く,染工場はこういったくすんだ色目を嫌う傾向があるようである.
その点,天然染料での染色は,基本の工程通り作業をすれば,くすんだ色が染まる.もちろん天然染料による染色の場合もロットごとの色ブレは様々な原因で起こりやすいが,化学染料の作業に比べ,顧客や市場が色ブレに対しておおらかに接してくれ,時には色ブレを「味」としてとらえてくれる,というアドバンテージがある.
すなわち,筆者にとって,天然染料とは好みの「フクザツで優しい色」を無理なく染めてくれる染料なのである.
当工房は,いわゆる「草木染めはヒトにも地球にもやさしい」,「草木染めは環境に負担をかけない」といったエコロジカル的見地による天然染料使用の優位性を唱えることはしていない.
天然染料に使用される染料植物は古来より生薬と共通するものが多く1),古代のように生活全般,衣食住にわたり薬草類が使用されていた時代であれば総合的な薬効による生理的効果もあった可能性も想像はできる.しかし現代において例えば「草木染めのパジャマを着たらアトピーが治る」というような具体的な効能を述べるためには,その治療事例を統計学的に効果が認められるだけの治験を実施し,医師による医学的見地からの効果効能の確認作業が述べられた報告文とともに地方自治体の薬務課に申請し医療器具認定を受けなければいけない.少なくとも当工房で染め上げる程度の作業回数では生地内への草木による有効成分の効果的な定着は残念ながら望めず,それよりも薬理学的に有効な現代の成分を生地内に効果的な方法で定着させる方がずっと安価で効果的である.
そういった客観的かつ正確な結果を持たないまま「人にやさしい」「地球にやさしい」といったいわゆる“ふわっとした”効果効能を作り手が発信することは極めて危険なことであると考えている.
ただ,使用者が“イメージ”として「草木染めはエコロジカルだ」と捉えることに関しては否定していない.草木染めのアイテムに出会うことで健康や環境問題に関心が募ることはとても素晴らしいことであると思うし,そういった“エコロジーの知への入り口”として天然染料はとてもはいり易いものだと考えている.

3-2 なぜオーガニックコットンなのか
当工房の商品はほぼすべてが綿,もしくは麻素材である.これは,当工房がターゲットとしているスローファッションや古着を好む消費者が普段着として着用する衣類は綿や麻素材が多い事による(ターゲットに関しては後に解説する).そして,綿素材の7割はオーガニックコットンを使用している.
周知の通り,絹に比べて綿麻素材は天然染料では染まりにくい.絹は浴中でそれぞれ正電荷と負電荷になるアミノ基とカルボキシル基を持つたんぱく質が主成分であるのに比べ,綿麻の主成分であるセルロースは水素結合程度でしか染着しないヒドロキシ基しか持たないからである.
だが,綿素材もその原綿には夾雑物としてたんぱく質が1%程度含まれている2).このたんぱく質を温存して染めをすることで綿素材も濃く染まるのではないか,との仮説の元に2006年から始めたのがオーガニックコットン糸で編み上げ,織り上げた生機を精練・糊抜きなしのまま生地として使用することである.筆者の作業は研究目的ではないため発表できるような実験結果及び合理的な考察を有しないが,上記に気づいてから7年間の経験上,精練された綿素材より生機が,そして通常コットン素材よりオーガニックコットン素材が,色濃く染まると感じている.当工房ではオーガニックコットン素材の生機を使用することで意に沿った色が十分に染まるため,事前の濃染処理(例えば豆汁やタンニン酸処理をするなど)は一切行っていない.
当工房がオーガニックコットンの生機を使用する理由は,土壌の環境改善やアメリカ南部の綿花畑農家の癌罹患率を下げる目的ではなく,好みの色が濃く染まるためである.

4.サービスとその考え方
4-1無料染重ねサービス
3-2の他にも天然染料ができるだけ濃く落ちにくく染まる工夫は常に検討し続けている課題ではあるが,綿素材を主として素材に選んでいる以上,合成染料の中でも最も各種堅牢度が高い反応染料による綿素材の染色堅牢度に天然染料の染色が追いつくことは不可能と考えている.
この,天然染料の染色堅牢度の低さを補うため,当工房で染めたアイテムであればどのような状態であっても再度持ち込んでいただければ無料で何度でも染め重ねをする「無料染重ねサービス」というアフターサービスを行っている.
このサービスは2002年の開業当初から一貫して行っている当工房の重要なサービスである.
開業から2013年9月までの実績で,無料染め重ねサービス利用率は顧客数ベースで4.8%である.この数値の多い少ないの評価は意見の分かれるところではあるが,本サービス利用者の32.2%は無料サービスの利用と同時に新たな注文をして下さりリピート顧客となっている.通常の顧客のリピート率が同時期で23.5%であることを考慮すると,本サービスは少なくとも売上向上に貢献しているサービスと考えてよいかと思っている.
なお,本サービスによる染め作業は,比較的閑散の時期(11月~翌2月)にさせて頂く様顧客の了承を頂くことが多く,それほど業務負担にはなっていない.

4-2お気に入り頂けなければ代金は無料
お客様の衣類を預かり染める「染色サービス業」において,仕上げた衣類の色がイメージと違った,サイズが小さくなった,服の雰囲気が予想に反して変わってしまったなど,顧客が満足いただけない場合は,代金は一切頂かないことにしている.
また,「満足いただけない」のボーダーラインは顧客が「着用」して頂けるかどうか,というポイントとするが,この判断はあくまで顧客に行ってもらう.というのは,縮み具合や色の入り具合は素材によって千差万別であり,しかも「小さくなった」「イメージと違った」というのは極めて相対的主観的な判断であり,明確なボーダーラインを引くのが不可能だからである.
なお,注文受付前の当工房からのリスクの説明の際に「どのような仕上りになっても元に戻すことはできない」,すなわち依頼品の弁償義務は発生しない点をしっかり理解しておいてもらうことで,依頼品自体の弁償トラブルは避けている.
仕上りの色の雰囲気,服全体の雰囲気,染め後のサイズ感など,全て顧客の判断にお任せするということは極めて危険に見えるが,これまでの経験上,最初のサービス説明の際のきめ細やかなインフォームド・コンセントでクリアすることができると考えている.また,顧客の依頼時のリスクヘッジをできるだけ小さくすることで,サービス依頼をする垣根が低くなり,当工房への依頼数が増え,当工房の染色実績が豊富になりケーススタディの蓄積により次回の染色サービス業務に活かすことができる.
2013年9月現在で,染色サービス業にて染めた衣類は3000着以上である.さまざまな衣類に接して染める機会があったことにより,デザインの違い,仕様の違いや素材の違いによるの染色手法の工夫のバリエーションが増えただけでなく,衣類のデザイン知識の蓄積や素材の種類に関する知識の蓄積などもあり,製造小売業としての衣類製作の際に少なからず役立っている.

5.天然染料の持つスローファッション市場性
この単元では,3.および4.の手法で製作する天然染料プロダクトの市場性にまつわる考察を行うが,なにぶん小さな工房のためビッグデータなどによる統計分析などが出来ないため極めて仮説の多い内容となっている点,なにとぞご容赦願いたい.
矢野経済研究所によると2012年の国内全カジュアルウェア小売市場は6兆1500億円(前年比102.4%)と2年連続で伸びている.
また,ファーストリテイリング社の国内ユニクロ事業による売上高は6001億円(前年比97.6%).微減ではあるものの国内市場の実に10%をユニクロが占めていることになる.
ユニクロに代表されるような,多くの顧客に受け入れられやすいニーズを取り入れオンタイムで大量に展開するSPA型格安ブランドは,昨今の巨大多国籍企業ブランド(GAP,ZARA,H&Mなど)の台頭もありカジュアルウェア市場の極めて大きな部分を占めている.
参考までに大手多国籍企業も含めた2012年度の主なSPA型メガブランドの日本国内売上は以下のとおりである.

・ファーストリテイリング 6001億円
・しまむら        4631億円
・ファイブフォックス    993億円
・H&M          385億円

格安感と短サイクルな大量商品供給が特徴であるこのようなSPA型メガブランドにアンチテーゼを送る顧客の市場が,端的に言うならば天然染料及び当工房のターゲットとなる市場である.
2009年の流行語になった「ファストファッション」という言葉でも表現される上記のようなメガブランドは,安価で最新の流行アイテムが気軽に手に入る反面,品質の陳腐化やデザインの消費による衣類の短命化といった弊害もある.市場の中には,このファストファッションの負の側面を嫌い,長く使える良質なデザインで安心できる高い品質のカジュアルウェアを求める流れが次第に大きくなってきている.この,ファストファッションに対抗して出てきた新しいファッション形態の概念が「スローファッション」である.

5-1“自然の色”は飽きのこないデザイン
天然染料が得意とする中間色の色目は,昨今のファストファッションで展開される原色メインのカラーバリエーションにはあまり見られない.その理由は3-1で述べたように推察しているが,
スローファッションの市場には,中間色系統の色目を「自然な色」と捉える消費者が存在すると考える.これは,
原色=ファストファッション=人工的
VS
中間色=スローファッション=自然

といった対比で色群を理解するスローファッションに属する消費者がいるためだが,彼らはファストファッションの短命なデザインを嫌うことで,原色に対する中間色に,長寿すなわち飽きにくいというイメージを付ける.中間色=自然な色は,飽きのこないデザインなのである.
天然染料の色目はちょうどこの中間色=自然な色に合致する色群である.しかもその染料は古来から伝わる天然染料である.染め上げた色から受ける感覚とそのトレーサビリティーに全く矛盾がない.これは大きな利点であると考える.
以上のように,スローファッションの市場に天然染料による染め色アイテムは十分効果的に浸透すると考えているし,当工房の顧客にも実際にこういった顧客グループがいる.

5-2“良い品質”の新しい概念
衣類の品質は,かみ砕くと「着用し続けることで消費者満足に応える性質」であると言える.着用し続けても満足感が続くには,多くの場合,色,素材感,形状が購入当初から「変わらず」に続くこと,と捉えられることが一般的であり,ファストファッションの商品は価格の原価を抑えるためにこの色・素材・形状の耐久性の質が低下しやすく,更に安価であることが顧客の見切りの早さを助長して短期間に消耗・廃棄されることが多いと想像できる.
天然染料による染色は,残念ながら高い堅牢性を持つ反応染料よりも色変りが早いが,価格がそれほど安価ではなく顧客に愛着を持って使われることが多い為,これまでの販売経験から少々の色変わりは“草木染めの味”と解釈して下さるケースが多い.また,“草木染めの味”の許容を越えた変化の場合は当工房の無料染重ねサービスで対応しその結果新たな濃い色目を顧客に楽しんでいただける.色の変化を楽しみながら使い続けて頂けるのである.
使い続けることによる素材の変化を付加価値ととらえる市場は以前から存在する.ジーンズ及び古着の市場である.そしてジーンズや古着に強い嗜好を示す顧客は,スローファッション市場の中心像でもある.
天然染料の染め色と無料染重ねサービスの併合により,褪せたり濃くなったりといった色の変化を楽しみながら使い続ける,という新しい品質のあり方が,スローファッション市場に十分合致した概念として作用し,天然染料の技術が等身大の必要技術として市場に受け入れられるのではないかと考えている.

6.最後に ~天然染料市場の有益な広がり
効果的な天然染料染色技術とそれに適合した素材のチョイス,そして出来上がったプロダクトを適正な市場へ落とし込むことで,天然染料は今後市場性のある要素技術として発展していく可能性は十分あると考えている.

上記の5.の市場性はまだ仮説ではあるが,当工房がTシャツやパンツなどカジュアルウェアをメインに,エコロジカルな訴求をせず11年続いたのは,その小さな証左ではないかと思っている.
そもそも,企業勤めの筆者が脱サラ・2年の修行ののち現工房をスタートしたその最初のきっかけは,天然染料の色の中に大好きな古着やビンテージデニムの風情を視たからである.
スローファッション市場を筆頭に,筆者のような嗜好性を特徴とする市場は少なからず存在するにもかかわらず天然染料によるプロダクトの市場性が極めて小さいのは,圧倒的に発信力が弱いことが大きな原因と考えている.発信力は筆者1工房だけよりも複数の発信者がある方が当然強い.その発信者が一人でも多くなり,スローファッション市場を抜け出し,天然染料関連マーケットが独立して健全な流通形態をとる状態になるようこれからも微力ながら行動していきたいと考えている.

引用文献
1)  前田雨城. 日本古代の色彩と染.P.18
2)  日比暉. 繊維と工業Vol.62,No.7.P.10

 

http://www.tezomeya.com

コメントを残す