みかん染め

去年からちょっと変わった染色の依頼を受けておりました「みかん染め」がやっと出来上がりました。

店主の実家は三重県の熊野市なのですが、郷里の身内先から
「みかんで染めたものを商品化できないか?」
というご相談が。

紀伊半島南部はみかんの産地です。ウチの田舎もご多分に漏れずまぁみかんが美味しい土地でして、地元の人間は年中その季節のみかんを頂きます。

そういった一大産地では、形が少しいびつだったり熟し過ぎたり、または摘果されたりなどして流通には載せられないみかんたちが大勢います。そのままだとそれらのみかんは産業廃棄物になってしまいます。

そのかわいそうなみかんの実を乾燥させて粉にして再利用できないか、という試みがウチの地元でありまして、その利用方法の一つとして「みかん染め」の検討の依頼を頂いたわけです。

みかんの中のメインな色素は、クリプトキサンンチンをはじめとした水に溶けにくい黄色色素。
これ、ふつうでは色濃く染色することができません。

そこで、いろいろ試し染めが始まりました。

ペーハーを少しずつ変えて染液作ったり

そしてそれをビーカー染めしてみたり

アパレルにお勤めのみなさん、最初の色だしの為の「ビーカー染め」って、ホントにビーカーで染めるんですよ。今の染工場はあんまりそんなことしないみたいですけど。

まぁ試し染というよりもただの実験ですが。

で、いろいろ試してみるうちに、当初の予想通り焚き出すよりも酒精(エタノール)抽出のほうがずっと色を頂けることがわかり、最適ペーハーも一応わかって、やっと先日から本番染めです。

みかんの粉をエタノールに入れて、数回にわけてこんな感じでちまちまとスターラーで撹拌しながら抽出します。

で、染めて(画像取り忘れ)・・・・

できあがりです!

すごい濃い色じゃないけど、まぁ優しいクリーム色の絹ストールが仕上がりました。
ほっと胸撫でおろし。

これと同じタイミングで、那智黒石媒染の実験も一緒にしていたのですが、またそれは別の機会に・・・。

 

http://www.tezomeya.com/

2 thoughts on “みかん染め”

    1. お返事遅くなってしまいすみません。
      あまり濃い色目ではないですが、染まることは染まりました【^^】

コメントを残す