メンズラグラン七分袖カットソー

6月も半ば。今年の春夏、手染メ屋もいくつかの新作をリリースしていますがその中でも店頭と催事で人気なのがメンズラグラン七分袖カットソーというアイテムです。
これ、実は昨年からスタッフで日夜染めにいそしんでいるスタッフ中家の企画なんです。
今回は、スタッフ中家渾身の作であるアイテムを、彼が自分の言葉で余すところなくお伝えいたします!

—ここからスタッフ中家のテキストそのまま—

七分袖の吊オーガニックTシャツ、ついに登場です!
手染メ屋スタッフのナカイエです。皆さん七分袖カットソーって持っていますか?実は僕、かなりの七分袖カットソー好きで、たくさん持ってるんです。

七分袖カットソーって実はかなり使い勝手の良いアイテムなんですよ。真夏と真冬を除いて一年中着れますし、一枚で着るのはもちろん、涼しい日にも重ね着のインナーとして使えます。長袖カットソーと違い、水仕事やデスクワークなどをする時にも袖が邪魔をすることもありません。手首に付ける腕時計やアクセサリーも、さりげなくアピールすることができちゃいます。

とにかく本当に便利なヤツなんです。

もちろんナカイエの手染メ屋での作業着は真夏を除いて七分袖を着ています。笑
最近ではユニクロなどの量販店でもようやく市民権を得てきた七分袖のカットソーですが、カラーバリエーションも少なく、自分の体型に合うものにはなかなかめぐり逢えません。
そこで店主に頼み込むこと一年、遂に七分袖カットソーをプロデュースさせてもらうことに成功しました!

●生地及びカラー展開
手染メ屋の定番アイテム 吊オーガニックTシャツ と同じオーガニックコットン生地を使っていますが、生地の向きを表裏逆に使用しています。
吊オ-ガニックTシャツは天竺生地の裏側を使用していますが、七分袖カットソーは表側を使用し、スッキリした表情に仕上げています。
オーガニックコットン生地についてはこちらのページにてご紹介しています。
カラー展開は吊オーガニックTシャツと同じ12色のカラーをご用意しています。

●デザイン
手染メ屋の吊りオーガニックTシャツに使われているオーガニックコットン生地は、切り端がくるくるとカールします。これがまたイイ感じなんです!
そこに目を付けて、七分袖カットソーは袖と裾を切りっぱなしにしています。袖端や裾端がカールして、他には無い個性的なカットソーに仕上がっています。
袖はラグランスリーブを採用。着る人の肩幅を選ばず着用できます。
また、ラグランスリーブの縫い合わせ部分のラインが”金太郎の前掛け(!?)”みたいにならないように、袖の縫い合わせ部分を極力肩側に寄せています。これにより胸を張って堂々としている印象を与えます。

●お好みで袖の長さを調整できます!
七分袖のカットソーって袖の長さが本当に大事だと個人的に思っています。
例えば、七分袖が長すぎるとサイズの小さい長袖を着ている感じになってすごくカッコ悪いですよね。
手染メ屋の七分袖吊オ-ガニックTシャツは袖を切りっぱなし状態で仕上げているので、自分好みの長さにカットすることができます。
袖をカットすることを想定し、袖の太さが極力変わらないようにパターン設計しているので、カットすることで袖口の太さが大きく変わることはありません。多めにカットして五分袖にしちゃてもオッケーです。
自分の腕の長さにピッタリのカットソーにカスタマイズしちゃって下さい。
袖や裾のカットの方法についてはこちらのページをご覧ください。

●サイズ展開
サイズはメンズS、Mの2サイズをご用意しています。
吊オーガニックTシャツと比べ細身のシルエットにデザインしており、女性でもご着用できると思いますので七分袖カットソー大好きな方は是非お試し下さいませ。サイズスペックなどは、こちらのページのサイズ表をご覧ください。

皆さま、是非是非一度お試しくださいませ!

メンズラグラン七分袖カットソーのページはこちら!

http://www.tezomeya.com/

コメントを残す