Category Archives: -色名

笹紅のこと

先日、久しぶりに口紅を作りました。

この口紅、いつもは染色に使う紅花が材料になります。
昔はそのまま「紅(べに)」と言われ、実は染色に使用されるよりも口紅の原料として使用される方が紅花の需要は多かったらしく、昔の出羽の国(今の山形県あたり)はこの紅花の生産でにぎわっていたそうです。

残念ながら今では口紅にも染色にも使う人間がほとんどいないため、数が少なくなってしまった紅花農家さんが細々と紅花を作ってくださっています。
このあたり、ジブリの「おもひでぽろぽろ」でも取り上げられていますよね。

この口紅作り、作業としては紅花染色の延長線上にあります。
詳しい話はややこしいので(というか誰も読んでくれなさそうなので)省きますが、まずは脱脂綿を紅花で染めます。

こんな色に。

びっくりするくらいピンクですよね。とても天然染料とは思えない色。この色目が紅花最大の特徴です。
草木の染め色は複雑で優しい色目が多い中、この紅花のピンクは本当に激しい色目です。暗がりでブラックライトを当てるとわかるのですが蛍光も出ています。まぁ、ホントに珍しい色目です。

何故脱脂綿を染めるかと言いますと、(ややこしい話しだすと誰も読んでくれなさそうなのでやめておいて簡単に・・)紅花の中に入っている黄色成分を完全に取り除いてピンクだけの色素にしたいからなんです。

脱脂綿に染まった色はすぐにまた色抜きしてしまいます。そうしてできた色水がこちら。

泡立っているのは、色抜きに使用したアルカリ液にクエン酸を入れて中和したために出てきた二酸化炭素です。
昔はアルカリ液として藁灰の灰汁を、クエン酸として梅酢を使っていましたが成分としては同じ。もちろんこんな泡も出ていたはずです。

そうして、うまい事赤色だけを沈殿させて、入れ物の内側に塗ったすぐの画像。

もう、赤々しい赤ですね。

ですが、これが乾くとこんな緑色に。。

なぜ赤い色素が乾くとこんな色になるかというのがわからないんです。

「赤い色素が密度濃く集まると補色の緑に見えるのです」
といった、もっともらしい説明をされている会社さんがおありなのですが、補色というのは人間側の問題でして、色素側の光学的な反射特性が突然うまい事ちょうど補色の波長に変わるといったことは普通に考えるとありえません。

染色科学を専門にされている大学の教授先生などとお話をしたこともあるのですが、やはりそのメカニズムは不明です。

これ、なんとかして解明したいなと思うのですが、そんなお金と時間がウチにはないので、だれか一緒に研究してくれるところないかなぁ、なんて思いながらこのブログを書いております(笑)

まぁ、そんなことはどうでもよいと言えばどうでもよいことでして、要はキレイな色が見えるのであればそれが一番なんですけどね。

この、紅の緑を「笹紅色」と言います。

この口紅、江戸時代には重量単位では金と同じ価値で取引されていたそうで、それはもうお金持ちの旦那さんが目当ての芸妓さんを囲うために大量にプレゼントされたそうでして、この貴重な紅を厚塗りして唇を笹紅色にできるくらいアタシはお金持ちの旦那さんがついてるのよ、と誇示するための色だったり、まぁ、色々と言われのあるお色なんですね。

笹紅の口紅たくさん作ったら、だれか金と変えてくれるかなぁ・・・・(遠い目)。

手染メ屋
http://www.tezomeya.com/

Leave a Comment

Filed under -染色史, -科学, -紅花, -色名, せつめい系