2012年5月

皆様

さぁ、ゴールデンウィークです!街に里にお出かけですね。
あ、いえいえ、もちろんご自宅でのんびり、も最高ですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

ゴールデンウィークの最初の連休、当方はあるイベントで
トークショーに呼ばれて東京に行ってました。

そこでのお話しなんですが・・・・

(お知らせの下に続く)

・・・・とマクラは一旦休憩。

今回はアノ人気の手習い講座の参加者募集、そして
ゴールデンウィーク中の大阪での催事のお知らせ、
そしてお待たせしている御客様へのお詫びのお知らせです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◎―あの人気手習い講座の再開催が決定!―◎

★手染メ屋の手習い講座 
 『Arama Rootsさんの蝋からのシルバーアクセ作り教室』その5
  ●日時:
  1回目:2012年5月12日(土) 13時~17時
  2回目:2012年5月26日(土) 13時~17時
  ●場所:手染メ屋
  ●費用:10,000円(2回分、教材など全て含む)
  ●人数:6名(あと3名)

詳しくはこちら↓
http://www.tezomeya.com/etc/tenarai-arama5.html

これまでも数度にわたって開催している好評の手習い講座、
今年も復刻開催です!

詳しい内容は上記サイトページをご覧頂くとしまして、
要点のみお話いたしますと・・・・

この手習い講座は通常の一般的なシルバーアクセサリー教室
とは違って、鋳造の原型を蝋(インジェクションワックス)で作る
ところからはじめる、という真剣本気モードの体験です。

まず、ワックスの塊りを渡されて、それを自分のデザイン通りに
彫刻刀やヤスリで削るところからはじめます。

そして、完成したワックスを一旦AramaRootsの加藤さんに
お持ち帰りいただき、シルバーに鋳造してもらい、手元に
戻ったシルバーを今度はポリッシュしまくる、という2段階の工程。
だから2回分あるわけです!

どうですか!?貴方のイメージがそのままシルバーになって
鋳造されて戻ってくるんですよ!

完全オリジナルのシルバーアクセが完成するだけでなく、
シルバーアクセがどのようにできてくるのかもつぶさに判る
体験です。はい、一粒で2度オイシイです(古っ!)。

詳しくは当ページをご覧下さいませ。
http://www.tezomeya.com/etc/tenarai-arama5.html

定員6名、またいつものように早い者勝ちです。
皆様のご参加をお待ちしております!

銀工房Arama Roots HP:http://www.arama-roots.com/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◎―ゴールデンウィークは梅田阪神さんで催事してます!―◎

●阪神百貨店 梅田本店様 黄金週間催事
●期間: 2012年5月2日(水)~8日(火)10時~20時半
●場所: 阪神梅田本店3階 中央エスカレーター下り前

ゴールデンウィークに梅田阪神さんの催事に呼んで頂きました!
大阪での催事は初めてです。LUCUAや三越伊勢丹さんのにぎわいに
負けないよう頑張ります。

日曜日の6日は店主が、それ以外の日は全て番頭が店頭におります。
京都まで行くのが面倒な大阪の方々、冷やかしでも結構ですので
是非是非遊びにいらして頂ければと思います!

もちろん催事中も京都の店舗は開店しております。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

― 仕上がり期間が長くかかってしまい申し訳ありません ―

ご依頼のご注文が集中しており、現在仕上がりまで
2~2.5ヶ月の仕掛期間を頂いている状況です。。。

2年ほど前の混雑時に比べて件数は少ないのですが
一つ一つのご注文のご依頼枚数が多い状況のため、
件数の割には仕上がりまでお時間がかかってしまっています。

お待たせしてしまい本当に申し訳ありません。

ご不明な点、ご心配な点などございましたら
どうぞお気兼ねなく何なりとお申し付けくださいませ。

随時作業を続けてまいります。
一日でも早く皆様のお手元に仕上がり品が届くよう頑張ります!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

  (マクラの続き)

・・・・

「青木さん、やっぱり20年も京都に住んでらっしゃると
関西弁が板につくんですね♪」
と、休憩中に綺麗な司会者のお姉さまがおっしゃったんです。

トークショー中の当方の話し方が関西の人間のそれになっている、とのこと。

びっくりしました。

関西のご出身で当方とお話し下さったことがある方ならおわかりかと
思いますが、ボクの話し方、全くもって標準語ですよね。

ボクがちょっとでも関西弁風にしゃべると、ウチの番頭などは
「そのNHKの朝の連ドラみたいな(NHKさんすみません)
ヘンな関西弁やめてくれる!?」
とダメ出ししてきます。

20年前、初めて京都に来たときはそれでも頑張って関西弁っぽく
話ししてたんですが、あまりに不評なのですぐにやめて既に四半世紀近く。

自分ではごく普通に標準語をしゃべってるつもりだったので、
お姉さまにそのことをお話しして、ボクのどんなイントネーションや
発音が関西弁なのか詰め寄ってみました。

すると彼女、「あぁ、もしかしたら発音とかじゃなくて、話しぶりとか
かもしれないです。なんか、会話の中での返しとかテンポとか、そういった・・」

え?それ、話の流れとかつっこみとかボケとか、そういうのが
ボクも関西の人間なしゃべくりになってきたってことですか?

それ、むちゃくちゃ光栄じゃないですか!!

少し話を大きくしてでもオチを付けるとか、
相手のつけ入るすきを与えず早口でまくしたてるとか、
そういったテクニックがボクにもついてきた、ってことでしょうか。

いやいやいやいや、うれしいなぁ。。。

「なんか、ショーの中で青木さんと会話してるうちに
煙にまかれていくというか、そんな感じとかも、なんか、
関西の芸人さんのような雰囲気に近くて、ええ。。」

あ、な、なるほどね。。
そういうことですか。
ウソっぽくなってる、ってことかな。。。

気を付けます。
当方の嘘くさいしゃべりが関西のイメージを代弁してしまっている、
というのは極めてまずい状況です。
関西の皆様、大変申し訳ありません。

ちゃんと嘘くさくない本物のトークができるようもっと勉強しなきゃだな。。

・・・と楽しいながらも少々反省点もあったイベントでした。

更に日々精進し染め業にまい進する所存でございます。

かわらず今後とも宜しくお願い致しますm(__)m。

追伸 
このメルマガは、当ショッピングサイトにてお買い物下さった
お客様や当工房で体験教室などにご参加くださった方々に
お送りさせていただいております。
もしご迷惑でしたらどうぞこのままご返送ください。
以降、当方からのメール送信はご遠慮させていただきます。
勝手にメルマガをお送り致しました事、深くお詫び申し上げます。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

天然色工房 手染メ屋

店主 青木正明

〒604-0983
京都市中京区麩屋町通夷川上る笹屋町456-2F

TEL&FAX 075-211-1498

http://www.tezomeya.com/

※日曜、第二・第四月曜定休です

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリー: 未分類 パーマリンク