2014年8月

皆様

いつもありがとうございます。手染メ屋の青木でございます。

暑いですねぇ。。。
毎度のネタで申し訳ないのですが、工房は先月からすでに
灼熱地獄でございます。

こんな店来るもんじゃないよなぁ、俺なら絶対行かないわ。
だって、暑い中そとを歩き回って、店に入って涼もうと思ったら
ガンガン火焚いてるし。我慢大会ちゃうっちゅうねんっ!

・・・と、だれにも聞いてもらえない独り言などのたまっている
店主でございます。

先日、ボランティア主催情報誌への掲載取材に京都市内の
学生さんたちがご来店下さいました。
でもタイミング悪く工房が一番暑い時間帯での取材のため、
男女5人の学生さんたちみなさん汗だくです。申し訳ないなぁと
思いながらお話しさせて頂いたのですが、
取材も終わりに近づいた最後の一場面・・

学生インタビューアーさん
「最後に、青木さんの『夢』ってなんですか?」

青木
「夢、ですか?」(あぁ、やっぱりきたか、これ)

学生さん
「はい。最後に、青木さんがずっと持ってらっしゃる夢を
語っていただけたらと♪」
・・と、バシッと最後の切り札のようにおっしゃったので、
僕もびしっと答えたんです。

「夢は、無いですね(キリッ)」

学生さん
「え?・・・・」

・・・・とマクラは後にして、本題のお知らせコーナーです!

今回は店頭セールと、番頭ブログ再始動のお知らせです!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◎―今年も開業記念セールやりますっ!!―◎

●催事名:「12周年記念セール!」
●期間: 2014年8月14日(木)~16日(土)11時~19時00分
●場所: 手染メ屋のショップ

詳しくはこちら!
http://www.tezomeya.com/ja/workshop/etc/12shunen.html

今年の夏で手染メ屋をスタートして12年でございます。
毎年行っております開業記念セール、もちろん今年も行います!

しかも今回は3日間の開催!本割引は店頭に来て下さった方々であれば
店頭現品だけでなく商品オーダーなどに関しましても15%OFF!
(ただし持込みの注文染は対象外です)

今回は絞りTシャツアイテムを豊富に取り揃えてみました!
サイトに上がっていない新作もこの期間のみ15%引きです!

シーズンが最終の夏物新作はもちろんのこと、これから秋に役立つ
バスクシャツやブロードシャツもすべて割引対象でございます!

これを機に是非また手染メ屋アイテムをお試しいただければと思います。

詳しくはこちら!
http://www.tezomeya.com/ja/workshop/etc/12shunen.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◎―番頭ブログが装いもあらたに再始動です!―◎

新しい番頭のブログ「テゾメヤinfo.」はこちら!
http://tezomeya.seesaa.net/

しばらくお休みいただいていた番頭ブログですが、
新しいフォーマットとブログ名で再びスタートいたします。

これまでの番頭ブログはどちらかというとプライベートが多かったのですが、
今回は新商品や店、工房の装いなどを、名コンビであるスタッフ中家との
掛け合いでお伝えしていこうと思います。

手染メ屋サイトからのリンクもしっかり貼ります!
これからの番頭ブログ、ご期待くださいませ。

新しい番頭のブログ「tezomeya info」はこちら!
http://tezomeya.seesaa.net/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◎―手染メ屋の夏休みは今年はございませんっ!―◎

今年の夏は手染メ屋休みません!
個人個人は順番にお休みいただきますが、店としてはずっと開いております。
(定休日はお休みいただきますm(__)m)
スタッフ中家の成長著しく、もう一人で店番・作業を任せても問題なしとの
結論です。どうぞお気兼ねなくお店に遊びにいらしてくださいませ!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

・・・・・・・・・・マクラの続き

『夢』って、『ラグジュアリー』の一つだと思ってるんです。
夢は“所有”していることに意味がある。
そして、時々取り出して自分で鑑賞したり、
また時には人に見せびらかしたり。
そういった対象物が『夢』です。

良く聞く言葉、
「夢を持ちましょう!」
「夢の一つぐらいないとねぇ」
「俺にも夢ぐらい持たせてくれよ」
「夢がないなんて、さみしいじゃないですか」
「私には昔からずっと心に秘めている夢があるんです♪」
・・これらの文章の“夢”を、例えば
“機械式時計”とか、“イタリア車”とか、
“パールのネックレス”とか、“ヴィトンのバッグ”とか、
そういう言葉に置き換えても、何の違和感も無いことないですか?

もし、本当に実現するべき対象があるのなら、
それは“目標”という言葉に置き換えるはずです。
目標にすると、それを達成もしくはそこに到達するための
手段や方法、段取りをできるだけ細密に検討し始めます。
そして、実現・達成・到達に向けてひた走るのです。
そして、目標達成には、その結果が最も重要な価値指標ですよね。
達成・到達したかどうかが一番重要です。
努力は認めても、やはり、到達しなかったら、評価は低いですね。
これは何も他人の評価のことを言っているのではありません。
自分の自己評価、いわゆる達成感も含めて
(というかそちらの方が重要かも)です。

でも、夢はちょっとニュアンス違いませんか?
夢を追いかけるその姿勢だったり、夢に近づく
(そう!夢は近づくだけでも良いのです!)ための努力の
質や量だったり、いわゆる“経過”が重要視されません?
そして、最終的に夢をかなえられなくても、その経過が
美談となり評価が得られることが多々あります。

個人的には、「夢」にした時点で、その事象には
「到達できなくてもいいよね」という気持ちが
必ず入ると思うのです。
到達できなくても許されるターゲットをなぜ掲げるのか?
それは、そのターゲットを掲げること自体が
何等かの価値につながるからです。
“夢”は所有することに意味がある、というのは
このことからです。

別に、夢を持つこと自体を否定しているわけでは全くありません。
当方も、無駄なものはいくつも持ってます。自分では大切だと
思ってるけど、実質的にはあまり役に立たないようなもの、
持たなくても良いモノはいくらでもあります。
そういう対象を“嗜好品”といったり“ラグジュアリー”と
言ったりしますよね。

で、ラグジュアリーを持つには、時間と経済力が必要です。

僕は今の染めの仕事に関して言うならば、いくつか目標があります。
そして、最終的な目標は、その到達地点がどんな状態なのかも
全く想像がつきません。
そもそも、最終的な目標は、到達地点なんてないのかもとも思ってます。
でも、それは“目標”です。断じて“夢”ではありません。
到達するためにできるだけ合理的かつ効果的な手段と道筋を考えながら
行動しようと考えていますから。

で、目標をクリアするだけでも難しくて忙しいのに、
夢を追ってる時間とカネの余裕なんてないんです。
これはかっこつけてるのでもなんでもなくて、
貧乏ヒマなしだから、です。

子どもたちにも、「夢なんかなくていいよ」と言ってます。
小さな目標が一つか二つあれば、それで十分。
幾つか目標を通り過ぎていくことで、また新たでしっかりした
目標が見えてくる。最初から最終的な目標や“夢”なんて
持ってなくていいよ。そういってます。
最も危険なのは、「私には夢の一つもないのか・・」と
全く意味のない自己嫌悪に陥って活動力が低下することです。
そう、夢は必要不可欠なものでは全くないのです。
ラグジュアリー、嗜好品のたぐいのものです。

先ほども言いましたが夢を持っている方を
否定しているのではありません。
自分はそんな身分の人間ではない、と言っているだけです。
目標到達に忙しくて全く余裕がない、ということです。

だから、僕には夢がない、のです。

・・と、きょとんとしている学生にガガーっとまくしたてました。
ですが、当方が話し終わるやいなや
「あ、そうですか。わかりました!では、青木さんの
『目標』で結構ですので語ってください!」
と、特に感心したわけでもなくささっと切り返されてしまいました(笑)
あぁ、今回も『このおっさんめんどくさいやっちゃなぁ。。』
と思われただけなのかと、反省いたしておりますです _| ̄|○

・・・・・・・・・・以上、すみません、まったく為にならないお話しと
3点のお知らせでした。

まだまだ暑い残暑、この機会にセール品をご利用いただき
是非乗り切っていただければと思います!

追伸その1
昨年から手染メ屋のfacebookページをはじめてます。
もしよかったら「いいね」してくださると嬉しいです。
http://www.facebook.com/tezomeya
店主も個人でやってます。最近はブログよりもこちらで
ぶつぶつ言ってます。ちょっと覗いてやって下さいm(__)m。
http://ja-jp.facebook.com/people/青木正明/100004415552857

追伸その2
時々手染メ屋お知らせメールをお送りさせていただいて
おりますが、ご迷惑でしたらこのままご返送くださいませ。
以降、当方からのメール送信はご遠慮させていただきます。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

天然色工房 手染メ屋

店主 青木正明

〒604-0983
京都市中京区麩屋町通夷川上る笹屋町456-2F

TEL&FAX 075-211-1498

http://www.tezomeya.com/

※日曜、第二・第四月曜定休です

★facebook 手染メ屋
http://www.facebook.com/tezomeya

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

カテゴリー: 未分類 パーマリンク